<< 利用者さん思いの社長さん | main | キッチンリフォーム完成 >>

キッチンリフォーム

住宅設備部 掛水です。

現在進行中の、キッチンリフォームのご紹介です。

お施主様は、昨年浄化槽の補助金工事を施工させていただいたお客様。

そのときの工事の丁寧さが気に入ったとのことで、キッチンリフォームの施工を賜りました。大変嬉しいことですが、その分満足していただくためにプレッシャーもかかっています。

施工前のキッチンがこちら。




といっても、すでにHIヒーターが外れていますが、それはお施主様が電気工事士だったので、着工前に外していただいて、僕が着いたときにはほぼ持ち上げるだけになっていたので、写真を撮らせてくださいとも言えないまま一緒に運び出しました。

見た目にはきれいなキッチンですが入れ替えのきっかけは、浄化槽の工事から数ヵ月後にキッチンの混合栓から水漏れがありお電話をいただいたことに始まります。診断の結果、混合栓は再起不能。お湯のホースが破れていました。ちょうどそのときにLIXILの中四国最大級の展示会が岡山初開催される直前でして、お誘い申し上げたところ仕事を休んでまでその展示会へのバスツアーに参加していただきました。ご夫婦で参加していただき、誘ったこちらが楽しませてもらったバスツアーになりました。(めおと漫才のような会話が最高とLIXILの担当の方もおっしゃっていました)

もちろん、大きい展示会ですから金額も大きかったです。僕も「あそこは夢の世界です」と金額の大きさを説明したことでした。

その後高知のショールームにて実際に細かい希望をお聞きしお見積りをいただきました。キッチンのほかユニットバスや洗面化粧台も。
・・・しかしそれが僕が想像していた以上に夢を詰め込んでいただいたおかげで予想を上回る(僕が勝手に思い込んでいただけ?)額になってしまいましたが、見積りをお渡しした瞬間「それくらいでできるの?だいぶ安くしてくれちゅうけど大丈夫?」と逆に気を使われてしまいました。


というような経緯の末(本当はまだまだネタがあるのですが)キッチンの入れ替えをしているのですが、通常なら3日でもできないことはない工事を4日もらって施工しています。

理由としては、いろいろあるのですが、その答えはまたの機会に(3枚目の写真に答えあり)

キッチン撤去→給排水仕込み→電気仕込み(施主様)→下地調整・キッチンパネル→(隠し味)  の段階がこちら




    






明日は、いよいよシステムキッチン取り付け完了予定です!お楽しみに!

 
リフォーム | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/12
Trackback