<< 今度こそインスタ映え? | main | 施工ブログらしいブログ内容 >>

寒波の余波?

バウハウス工務部 掛水です。

 

 

今日は、ご無沙汰していたお客様の家に訪問しました。

 

きっかけは、先週末の1本の電話でした。

 

2年ほど前にトイレ2つと洗面台を購入いただいたお客様からでした。

 

こんなときはまず「なんかあったろうか・・・」

 

と、不安が先によぎります。

 

電話の内容は、あまりにも冷やいので、手洗いからお湯が出るようにできんろうか?とのご相談。

 

それを聞いて、「ホッ」とすると同時に嬉しくなりました。

 

2年ほど前の、調査、見積もり、工事、を含めても3日ほどのお付き合いだけのお客様です。

 

そのお客様が、お湯を出したい!というお困りごとを携帯電話にかけてきてくれたのです。

 

 

時間がとれた今日の午後、今から訪問しますとお客様に伝え、お宅に向かいます。

 

もちろん家も覚えていますので地図はいりません。

 

 

家に着くと後ろ姿が見えたので「ご無沙汰しております!」

 

と、大きな声であいさつをしました。嬉しくて・・・

 

あと耳が遠かったので(;^_^A

 

 

するとすぐに、

 

「ここにお湯が出るようにして、上げ下げする蛇口にして。あとここに洗濯機を置きたい」

 

と、なつかしさに浸ることもなく次々に要望を伝えてくれました。

 

そして4つのしたい事を伝え終わったと同時に、

 

2年前の工事の事を話してくれました。

 

「電話したらすぐきてくれて、他の業者には難しいと言われたことをすぐやってくれてねぇ。」

 

 

玄関に来た時、「そうそうこの鏡がちょこっと見るのに、うんとのうがえい」

 

と、工事のとき急きょ追加で発注いただいた、鏡を喜んでくれていました。

 

 

その話の流れで、「最近うんと玄関の電気が暗い」

 

というので、照明の見積もりもいただきました。

 

 

さて、今日のお題はこの洗面台をシングルレバー混合栓にすることと、ここに洗濯機を置くということ。

 

 

前回、排水がなかったこの場所に洗面を置いたので、選択肢は少ないのですが、

 

なるべくコストを掛けずにご要望を叶えるために、悩みながら見積もりを作ります。

 

 

 

水道工事 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/28
Trackback