<< 和式トイレから洋式へ | main | 浄化槽補助金工事(高知市) >>

和式トイレから洋式トイレへ 2

バウハウス 水まわりマイスター 掛水です。

 

 

昨日の現場の続きです。

 

朝一から大工さんが和式の段差部分の下地作りと、

 

床が上がった分、ドアの下をカットする作業を段取りよくこなし

 

ちょうど10時に作業を終え、施主さんが用意してくれた

 

おいしいコーヒー(豆を買ってきたといっていたので本格的?)と、

 

おつまみをおいしくいただき、内装工事にバトンタッチ。

 

 

内装工事は、床のクッションフロアと天井のクロス張替。

 

それと、水まわりマイスターお勧めの「エコカラットプラス」です。

 

初めは、予算の関係でクッションフロアの巻き上げで提案していたのですが、

 

奥さんが、デザインが好きな方だったので、予算の範囲内でなんとか満足のいく

 

仕上がりにしたかったので、工事直前に提案し、採用していただきました。

 

 

その、内装工事が終わった様子です。

 

 

全周にエコカラットプラスのスプライン ライトローズを貼りました。

 

色に悩みに悩んだ施主さんも、納得の仕上がりです。

 

 

さて、ここから水まわりマイスター自らトイレ器具の設置作業です。

 

 

出来るだけトイレの前を広げたい!

 

その一心で、かなり攻めています!!

(後ろの壁と、トイレの距離)

 

世界最小タンクレストイレ! LIXILサティスS✨

 

 

取り付け作業中に、コンセントを差すとなんとクラシック音楽が♪

 

思わず笑ってしまいましたが、これがすごく心地いい♪

 

なんと最高グレードのS8です!!!

 

この段階で17時も近くなっていましたが、音楽のおかげで心が落ち着き

 

慌てることなく作業を続けることができました( ˘ω˘ )

 

 

取り付け完了動作確認。試運転。清掃してから最後にカットしたドアを取付完成です。

 

どうですか!このスペース!!

 

 

奥行が1,200mmのトイレとは思えない自然な感じ。

 

床はクッションフロアですが、このデザインいいですね!

 

実家のトイレもこの柄です。本物の木みたいです。

 

 

既設のタイル壁とエコカラットの色合いもよくいい感じに仕上がりました。

 

 

施主さんがマイスターの提案を受け入れてくれたので、こちらとしても

 

いいものに仕上げようと必死にがんばり、満足できるトイレ空間が出来上がりました。

(S8グレードは施主さん(旦那さん即決)が選んだものでしたが)

 

 

トイレリフォーム | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/53
Trackback