<< 事務所の看板 | main | 今度こそ最後の寒波の爪痕 >>

修理の難しさ

バウハウス 工務部 掛水です。

 

 

今日はトイレの水漏れ修理の様子です。

 

四国浄管のお客様で先日浄化槽の汲み取り時に、

 

トイレから水が漏れているようなのでその時に見てほしいとのご相談があり、診断。

 

お客さんの話から、フランジガスケットの劣化であろうと判断し、その交換をしにきました。

 

 

約束の時間ちょうどに到着し、道具を降ろしていると

 

「あれ?インパクトがない」(充電式インパクトドライバーの事です)

 

なんと、今朝会社で倉庫の整理をした時に置き忘れてきたのです。

 

まあやってみるか、

 

 

とりあえずトイレを外して確認です。

 

 

トイレとタンクを外すとその部分から漏れが発生する場合があるので、

 

そのまま「よっこいしょ!」腰に来ますわ〜

 

あとは、ガスケットを交換してフランジが割れてなければ終わり!のはずが

 

(画像を一部加工しています)

 

あれ?こりゃまいった。予想していたものと違います。

 

というのも「この形状、状態からは排水の水が漏れる可能性はほぼない」ということ

 

一応パッキンを外し、割れがないか確認。異常なし。

 

 

う〜・・・・・・・・・・〜ん。(いろいろな可能性を頭の中でぐるぐる考える)

 

 

お客さんを呼び、状況を説明。

 

とりあえずトイレを戻し、バケツで水を流しもう一度確認。

 

原因とは直接関係ないかもしれませんが、

 

給水のへリューズ管、止水栓の角度、タンクの角度がバラバラで、シールを巻いています。

 

過去に漏れた証拠ですが今は漏れていません。

 

そのことを説明すると「ぜひ交換してください」とのことで、フレキ管を加工し取付。

 

 

『とりあえず、大丈夫だと思いますが症状が出たときは連絡してください』

 

 

で、作業は終了。

 

「忙しいでしょうけど」と言いながら、コーヒーとチョコを出してくれました。

 

 

おいしかったです。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

修理は推理だ! | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://blog.jokan.info/trackback/61
Trackback